BG〜身辺警護人〜 最終回で 永ちゃん が 矢沢永吉 役 で 木村拓哉 が ボディーガード で 共演 キムタク 600人のエキストラ ビックリ

木曜9時放送のキムタク主演のドラマ

豪華なキャストで最近の人気ドラマのひとつ

BG~身辺警護人~

かつて敏腕ボディーガードだった、島崎 章(木村拓哉)

昔のミスの責任を感じボディーガードを退社

その後、縁あって民間の警備会社のボディーガード部署に所属し

武器を持たないボディーガードとして活躍するドラマの内容です。

先日のドラマでもキムタクと22年ぶりの共演で出演した、山口智子

元妻役として話題になりましたね。

2018年1月18日に始まったが、3月15日の9話で最終回

その最終回が、密かに話題となっています。




なぜか・・・・

それは、

永ちゃんこと、矢沢永吉が、矢沢永吉役として出演

木村拓哉と共演するからです。

アーティスト 矢沢永吉のボディーガード

実際のドラマの内容は、ともかく

矢沢永吉、日本武道館という最高のシチュエーションは、永ちゃんそのものですよね!

■最終話あらすじ(グーグル検索にて)
発砲事件に巻き込まれ命を落とした村田五郎(上川隆也)。

唯一現場の状況を知ることができるはずだった村田の遺品であるICレコーダーも、警察の手によってデータを消され、いよいよ真相は闇の中に葬られようとしていた。

「民間のボディーガードが無謀な行動をし、銃で撃たれた」と週刊誌などにも下世話に書き立てられ、悔しい思いを抱く島崎章(木村拓哉)ら。

しかし決してあきらめることなく、村田の汚名をそそごうと誓った矢先、厚生労働大臣の職を辞した立原愛子(石田ゆり子)が「私が真実を話します」と名乗り出てくる。

証拠も隠滅された今、残された方法は現場にいた人間が証言をしてくれることだけ。

愛子の申し出を受けた章たちは、真相を語ろうとする彼女の警護をすることに…。

しかし、そのことによって章たちの身にも危険が迫る。

その頃、SPの落合義明(江口洋介)は上司の氷川(宇梶剛士)に「みずから事件の処理をする」と宣言。驚きの行動に出る。

高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮祥太朗)、そして章――。

亡くなった村田と身辺警護課の名誉を懸けた最後の戦いの行方は…!?

■最終回
3月15日(木)21時~15分拡大
BG~身辺警護人~

■キャスト
島崎 章:木村拓哉
高梨 雅也:斎藤工
菅沼 まゆ:菜々緒
沢口 正太郎:間宮祥太朗
村田 五郎:上川隆也
今関 重信:永島敏行
立原 愛子:石田ゆり子
仁美:山口智子
落合 義明:江口洋介
氷川 修:宇梶剛士
清田 春孝:阿部進之介
河野 純也:満島真之介
島崎 瞬:田中奏生



 

About the Author