タカタ製 エアバッグ の リコール は 車検 までに 修理 点検はお早めに

タカタ製のエアバッグリコールで、国土交通省から発表がありましたねー

平成30年5月以降は、リコール対象車種は修理しないと車検が通らないらしいですよ!
一瞬!

えー

マジでー

費用はー

なーんってつぶやいた人も多いでしょ・・・




そこはご安心を!

なんせ、リコールなんで費用はかからないはず!

しかし、話は戻って、タカタ製のエアバッグの問題は世界中に衝撃を与えてしまいましたね

エアバックのリコールですが、硝酸アンモニウムを使用したタカタ製エアバッグのガス発生装置(インフレータ)が異常破裂し、金属片が飛散する不具合が発生

この不具合でけが人や死亡事故も起きましたね。

日本やアメリカをはじめヨーロッパまど全世界でのリコール対象車両は、何台になるんでしょうか?

かなりの数になると思いますが、特定された車や予防的リコールを含めると、1800万台以上になるとか・・・

金額にすると、想像しただけでも、吐き気しそうですね!

もちろん悪意があって製造したわけではないと思いますので、仕方がないと言えば仕方がないですが、当事者からすれば不安ですよね。

てことで、ご自信の車が該当車両か、どうかを下記ページから確認しましょー

リコール情報検索
http://carinf.mlit.go.jp/jidosha/carinf/ris/index.html

車名と型式を入れて検索するとリコール対象車両の一覧が出てきます。

型式は車検証に乗っていますが、とりあえず車名だけ入れて検索しても出てきますので、年式等で探してみて下さいね。

まー製造会社は、リコールはつきものかもしれませんが早く解決できたら良いですね。

しかし、タカタ株式会社の社長の記者会見ですが、何かちょっとムカついたのは気のせいですかね?

まっ話が長くなるので、ここでは多くを語りませんが気が向いたら、たぶんアップされていると思うので、YouTubeで観てくださいねー

タイヤ通販の終着駅 AUTOWAY
動かないクルマ、買い取り査定いたします。
今までの車検にご不満の皆様、ぜひホリデー車検へ
100社以上の車買取業者から最大10社に無料一括査定







About the Author